朗読レビュー

朗読:馬屋原吉博/古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史(馬屋原吉博)

  1. HOME >
  2. 朗読レビュー >

朗読:馬屋原吉博/古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史(馬屋原吉博)

あの頃にもどりたい

「ときを戻そう」ができたら、どこに戻したいですか?

どうも、朗読モンキーです。

今日は、何冊でも聴き放題でおなじみの「audiobook」から、「聞くだけで一気にわかる日本史」をご紹介。ちなみにAmazonでは「CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史」として販売されているようです。

とつぜん起きる集団歴史ヒステリー

「そういえば、さいきん山川の読む世界史・日本史が流行ったなー」って、調べてみたら10年以上前のできごとと判明し、時の速さに愕然としました。歴史の本って数年に一度、流行りますよね。近年だと「サピエンス全史」が記憶に新しい。

ふつうに生活していくのに歴史の知識はほぼ必要ありません。年号より、ショートカットキーひとつ覚えたほうがよっぽど生産的です。

しかしあるとき、どこかで誰かが「この歴史の本は素晴らしい!」と主張した声が時流に乗ったとき、「人間として生まれたならば歴史のこと教養として知っておかないとダメだよな!」という、集団的な歴史ヒステリー状態に陥り、恐怖をおぼえる性質が我々にはあるようです。

数日前まで「ゴダイゴ?モンキーマジックでしょ?」って言ってたひとが、歴史本が流行ったとたん、「後醍醐?あぁ南北朝ね」と鼻高々に行ってみたりする。でもそれは、レナードの朝のようにいっときのこと。たいていのひとは集団歴史ヒステリーが終われば、一度読んだ本のことなんて忘れてしまいます。

そんなヒステリーに巻き込まれないようにと思っていたかどうかは覚えていませんが、audiobookの聴き放題に含まれるこの1冊を発見。2時間でどれだけわかるかわからんけれど、まぁ聴き放題だし、流行り病にかかるよりいいか、と聞いてみた感じです。

存外よかった。

たぶん評価はわかれます。朗読しているのは、馬屋原吉博さん。著者も同一人物です。中学受験専門のプロ。たしかに朗読技術の観点からみるとAmazonのレビューに「朗読はプロにお任せした方が良かったのでは?」との書き込みもあるように、やや固いところもあり上手とは言い難いです。

しかし、熱がある。人は人の熱にほだされます。
自分の文章を、なんとか伝えようとするその熱は、なかなか心地いいものです。大人にとっては、授業の雰囲気が味わえるのでちょっと懐かしさをおぼえながら聴く楽しみがあるかもしれません。

ここを聴いてほしい

  1. タイトルどおり、授業を受けている気分で一気にいける
  2. 短いなかにも、歴史の背景が語られている

1.タイトルどおり、授業を受けている気分で一気にいける

ここはやっぱり一気にいきましょう。できれば、その日のうちに。2時間というと、だいたい映画一本ですけれど……ところで、最近の映画って長くないですか? あれ、イラっとしません? 映画なら2時間で勝負しろよって思いません? もっと表現の純度をあげろよ。長けりゃ大作って風潮どうなの? と私は疑問を感じています。

2時間。毎日映画一本みようと思ったら、かなり工夫しないといけませんよね。でもそれが朗読であれば、けっこうすんなりいけちゃいます。だまされたと思って、朝起きてから寝るまでの時間、イヤホンをつねに携帯して試してみてください。

さて、そんなわけでこの本は、1日1回いけます。そしてaudiobookには、スピード調整機能もあるため、2倍のスピードで聞き取れるようになれば、1日2回いけます。
1週間くらい聞いたら、日本史の流れは、ほぼ頭に入っていることでしょう。

2.短いなかにも、歴史の背景が語られている

「鎌倉幕府の三代将軍が亡くなったのは、外からみれば組織のピンチだけどすでに実権は北条氏なので問題なし」とか歴史の事実を追っているだけではなく、その結果を導くのに至った背景も適度にさしはさまれています。

2時間しかないなかで、なんとか流れを感じられるよう、努力のあとがみられます。冒頭でも語られていますが、とにかく流れを頭に叩き込むことに主眼をおいて、構成から言葉選びまでしているようです。その試みは、成功していると言っていいでしょう。

こんな人に向いているかも

短い作品なので、とにかく試しに聞いてみることをおすすめしますが、とくに誰かを選別するとなると、以下のような人たちでしょうか?

  • 何度目かの歴史学びに挑戦しようとする人
  • 歴史の流れを感じて学びたい人
  • 授業を受ける雰囲気を感じたい人

ときを簡単に戻すことができます。

とにかく2時間でガーーっといけるので、あれ、1回聞いたけど忘れちゃったという場合でも、もう一度聞けばいいんです。

倍速であれば1時間。たいていの人は通勤・通学時間で聞けちゃうんじゃないでしょうか? もちろんこれは歴史を学ぶうえでの入口でしかありません。しかし、入口としては十分な役割を果たせる1冊です。

忘れちゃったら、簡単に石器時代に戻って聞き直せばいいんですから。

作品の仕様

  • 形態:ストリーミング配信・CD
  • 長さ:2時間8分
  • 発売年:2017年
  • 発売元:アスコム

朗読者・著者経歴

馬屋原 吉博(うまやはら よしひろ)
中学受験専門のプロ個別指導教室SS‐1社会科教務主任。中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員

Amazonから

-朗読レビュー

Copyright© ROUDOKUMONKEY , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.